So-net無料ブログ作成

「昭和の杜」訪問記その3~小物編・他【「今日の報告」同梱】 [お出掛け話]

火曜日昭和の日に行った千葉は松戸の「昭和の杜」訪問記その3となります~。
屋内展示の小物編の前に、屋外展示の残りをちょっと。
屋外には、クルマや電車の他に飛行機と船がいくつか置かれています。船はよく解らないので省略(←をいをい・・・)し、飛行機の方を・・・

上は、エアロスバルこと富士重工FA-200。こちらはまあ普通な外観なのですが、もう一機あるFA-200はと言うと・・・

零戦風味な色味にされてました。こちらはスペースの関係か胴体後部はカットされてます。
ちょっと悩んだのが、下の機体。

海上自衛隊の練習機風味に塗られているので、その場で何の機体かは解らず・・・案件持ち帰りで帰宅後検索して見ました。
海自、陸自でそれぞれKM-2LM-1と言う機体が使われていたので、その辺かなと思っていたのですが、一番大きな所で垂直尾翼の形がまるで違う。おまけに、KM-2は3枚ペラだし、LM-1に至っては米軍の有償供与機なので退役後は米軍に返還している(この辺はこの辺で色々あるみたいですが今回は省略)ようなので両方ともハズレ。

他の軽飛行機の画像を見ながら首実検して見ると、どうやらパイパー・チェロキーと言う軽飛行機の様子。
それにしても何故わざわざ自衛隊機風味な色にしたのか・・・おまけにダミー機銃まで主翼に付けているし。
昭和の頃起こった、児玉誉士夫邸に特攻した機体が同種なので、それに引っ掛けているとしたら、ちょっと悪趣味かも。

さて飛行機の話はこの位にして、屋内展示編に行きませう。





種々雑多な展示物の他に、昔の情景を再現したゾーンがあったりします。

下は、五右衛門風呂の再現?

年代的によく解らず・・・と言うか、昭和時代は家に風呂なかったので銭湯か会社の風呂利用だったひまねねです。
再現コーナー横にも色々と飾られておりますが、この辺なんかあっと言う間に廃れちゃいましたね~。

ポケット液晶テレビ・・・初期の白黒物で、確か蓋開けて裏に付いている鏡に反転させるタイプ。う~ん懐かしい。
入り口脇の「古民具館」は、まるで農家の物置のような感じで、主に農具等が色々置かれていましたが、ちょっと異色な物もチラホラ。

懐かしのドデカラジカセ・・・スイッチ一杯あるから高級品かな?他にも・・・

和文タイプライターとか、

上の和文タイプライターをあっと言う間に駆逐したワープロ。こちらもパソコン普及でやはり短命に終わりました・・・
おもちゃ館には、こんな物が程度良好で飾られてます。


飛び出す絵本各種。
石原裕次郎コーナーなんてのもありますが、傍らには全然関係ないシングル盤のレコードが。


この辺は、昭和でもちょっと新らし系と言った所ですか。
そして大トリ?

巨大な空母ホーネット(1/50スケールのドーリットル日本本土爆撃隊搭載仕様)が鎮座する模型コーナーの奥に在ったのが、小松崎茂コーナー。
ここは前情報を全然仕入れていなかったので、ビックリかつハアハアな状態になりました。

東映特撮物メカ原案や、飛行機プラモの箱絵等で名高い小松崎氏の作品が、各種原画も含めてかなりの数収蔵展示されております。
こんなのには、氏の先見性にビックリしました。

C-130ベース2階建キャビン?+ティルトローター旅客機?スゴイ・・・
でも、一番見入っていたのは、昭和初期の浅草界隈の風景画でした。当時の浅草松屋とか、今は無き吾妻橋のアサヒビール工場や浅草六区など緻密な描写に驚きでした。

もう色々面白い物がありすぎて、何が何だかまとまりが付きませ~ん。次ネタもあるのでこちらの訪問記はこの辺で終りにしたいと思います。
総括としては、おいらみたいな何にでも首突っ込むような方は、多分1日いても飽きないでしょう。そうでない方も、これだけ色々あると、必ずハマるエリアがあるはず?です~。
でも、博物館や美術館的な所ではありませんので、その辺は多目に見て下さいねー・・・

また行こうっと。




おまけその1・この日の昼食
こちらの帰り、そう遠くない市川の「いつもの場所」に行って見たのですが、負傷したと言うまるちゃんは見当たらず、キジトラさんは楽舎内で爆睡中・・・あうっ。
雲行きもアヤシイので早々に帰路に付く事に・・・昼食は帰る途中にと思って走っていたら、存在を知らなかった「ラーショ」出現!丁度良いと、こちらで昼食を頂いたのですが・・・

営業年数は長いと見え、背脂なし・麺も固ゆでじゃ無い昭和の頃の雰囲気は良かったのですが、スープがちとぬるい・・・アンド味薄い・・・おまけでネギやや辛いと、ちょっとハズレ度が多かったお店でした。残念・・・









おまけその2・今日の報告
今日3日憲法記念日は、先日順延していた徘徊を実行して来ました。

メイン目的は、『映画「鉄塔 武蔵野線」の舞台となったお店でラーメンを食べる』なのですが、ただラーメン食べるだけで遠出するのも何かと思い、別に「鉄」系ネタを収集して来ました。

詳細は追々ご紹介しまーす。

nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 5

かべちょろ

面白い施設ですねぇ。
昭和の自動車が良いです。思い出のある車もありましたよ。
ただ、アイドルが「殺意のバカンス」なんて題の歌を歌っていたなんて。
そこが一番の驚きだったりして。(^_^;)
by かべちょろ (2014-05-04 02:52) 

green_blue_sky

面白い施設、機会があれば行ってみようと思います~
by green_blue_sky (2014-05-04 06:55) 

ひまねね

かべちょろさまへ、
曲名とジャケット写真が全く合っていませんね(笑)・・・言われて気が付きました。上の「TVの国からキラキラ」ですでに思考停止状態だった物で・・・

green_blue_skyさまへ、
松戸の奥地なので、交通の便があまり良くないのが難点ですが、話の種に是非一度。
カオスな展示状態は、変に勿体ぶった展示よりは面白いです。
by ひまねね (2014-05-04 09:21) 

ZENON

松戸にこんな施設が有ったんですね、全然知りませんでした・・・。

>小松崎茂・・・
北小金の駅の近くの建築事務所の2階に「昭和ロマン館」と言う、小松崎氏の常設博物館のような物があり、一度行ったことが有りますが、今調べてみたら、震災で建物の建て替えが必要となり、現在閉館中とのこのなので、もしからしたら、近場でもありますし、そちらの展示品が回ってきているのかも?
by ZENON (2014-05-04 18:14) 

ひまねね

ZENONさまへ、
ご想像の様に、「ロマン館」の展示物がこちらに落ち着いた様子ですね~。
こちらは、特撮版権物は無い物の、プラモ箱絵原画など多数展示されております。
是非一度ご訪問を。
by ひまねね (2014-05-04 21:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0