So-net無料ブログ作成
検索選択

【おひとりさまの】隅田川七福神めぐり’15【予定でしたが・・・】 [お出掛け話]

途中参加しない年もありましたが、正月2日は葛飾高砂にあるサイクルショップヒラガ主催の「隅田川七福神めぐりポタリング」で初詣し、その後近況報告や昔話などするのが恒例行事だったのですが、クラブ長老新井氏の逝去に伴ない昨年で終了してしまいました。

まあ個人的にも恒例行事ではあるので、今年はおひとりさまで巡ってくるかと黒ダホンにて出掛けて来ました。と言っても完全自走では無く、自宅最寄駅から東武堀切駅までは輪行。

自宅を出た時は気温は低い物の快晴だった天気が、堀切に着いた辺りから曇り始め、北回りコース最初の多聞寺に着く頃にはすっかりドン曇り・・・

多聞寺をお参りした後は、今年は普通?に順序どおり南下するルート。

白髭神社に向かう途中、携帯に着信が・・・昔のツーリング仲間S田君からでした。昨年参加していなかったS田君、今年からはヒラガさん主催が無いのが伝わっていなかった様子なのですが、おいらが一人で巡っている事が解ると「合流するから待っててね」なんて流れに(ちなみに、S田君は亀有に近い足立区在住)。百花園で待ち合わせと言う事にして先に進む事に。

今までだと、最後の方に立ち寄る白鬚神社や向島百花園は、バスツアーの到着時間と重なるようで結構な人手になっているのですが、時間が早い様でまだガラガラ。

白鬚神社では、折りしも獅子舞の社中が舞い始めていたので、今年はご祝儀を渡して「かみかみ」してもらいました。

ただし、ホントに「おひねり」にすると回収しづらそうでした・・・ご祝儀袋が無い場合、そのまま畳まずに口に入れる方が回収しやすい様子。
百花園もまだガラガラ・・・

こんなに空いているのは、かなり久しぶりでした。
お参りを済ませて待つ事しばし、やって来たS田君と合流し後半ルートへ。

弘福寺に着いて見ると・・・

本堂の瓦の修繕中との事で囲われちゃってました。
以前から気になっていた葵の御紋ですが、将軍家と親密な関係だった鳥取池田家の菩提寺だったためな様子なのですが、まだ解明には至っていませんです。

本堂は見えない物の、普段は間近で見えない鬼瓦や、あつらえ物であろう各種瓦をじっくり見る事が出来ました。


布袋様も寺務所へ移動しているので、間近で拝めました。ここで、個人的恒例なおみくじを引いて見ると・・・

2年連続で大吉だったので、今年も・・・と欲を出したのがいけなかったのか、今年は小吉でした。
そして三囲神社をお参りして、七福神めぐりは終了。11時前には回り終わってしまうと言う、今までで最も最短時間な参拝でした。
ここで、おいらは四つ木方面へ行くため、多聞寺をお参りして帰路に着くS田君とはここで散会。押上の外れから木根川橋方面へと転進したのでありました。

四つ木、立石辺りのお話は別記事にてご紹介の予定であります。

予想していたのではありますが、正月2日と言う事で昼飯にはやはりジャストタイムでありつけませんでした。最後の望み?な、自宅最寄り駅前の「ぎょうざの満州」にもふられてしまいました・・・





次回以降の予告?


隅田川七福神めぐりの後は木根川橋を渡り、すいどうみち抜けた・・・

(渋江)白鬚神社をお参りして、ついでに東四つ木・立石をちょっとウロウロ。

再び四つ木に舞い戻り、こんな物を見つつ再び墨田区へ、

鐘ヶ淵で黒ダホンを畳み帰路に付いたのでありました。
まとめてか、小出しかは未定ですが追って記事にする予定であります。











おまけその1
百花園隣接の公園の砂場は、ネットが被せてありました。

「はて、何のために?」と思ったのですが、傍らに解説の看板がありました。

最近の都内の公園の砂場って、みんなこんな感じになっているのでしょうか?
すっかり田舎者になってしまったおいらは初見でした~。



おまけその2
これなんでしょう?

答えは、「三囲のコンコンさん」のしっぽでした~。

顔も柔和ですが、しっぽも石で出来ているにも関わらず柔らかそうな表現な事に、今更ですが気付いたひまねねです。



おまけその3

押上から木根川橋に向かう途中に、こんなオブジェが・・・


昔々、中坊の頃このオブジェみたいにRキャリアに巻いた毛布を括りつけ、奥多摩にキャンプツーリングに行った記憶が浮き上がって来ました。当時はシュラフなんて持っていなかった物でして・・・
まだ奥多摩「有料」道路だった頃のおいらの思い出です~。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0