So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

わさびの花 [その他色々・思いつくままに]


昨春、特価で買って来た「畑わさび」。
夏の酷暑でちょっとヘバッてましたが、枯れずに今に至り、先日から開花が始まりました。

小さい地味な花ですが、春が近いんだな~と思う今日この頃です。
それにしても、去年特価で売られていたのは、開花時期を過ぎてしまってたからなのかな?

去年買って来た時のお話は「こちら」ですが、最初は大きい葉っぱでしたが夏場の暑さで小ぶりな葉っぱが群生して来ました。玄関前は冬場は寒そうだったため、つい最近までは日当たりの良い南側にプランターを置いていたのがわさびには良かった様子で、花芽がにょきにょきと出てきました。



おまけ?
「山」わさびと「畑」わさび・・・
用語的に入り混じっているのですが、「山わさび」と呼称される種はホースラディッシュと言う西洋わさびの方を指す事が多く、渓流で育てて根をすりおろして薬味に使う日本わさび(沢わさび)を土植えにした種が「畑わさび」と呼称される様子。

山わさびは土植えでも根が育ち、日本わさび同様に根をすりおろして薬味に使ったりしますが、畑わさびの方は根の方はほとんど成長しないので、葉や茎を食用にするそうです。
はみ出し話ですが、スーパーで売られていたりお刺身のおまけに付いている練りわさびって、大抵日本わさびと西洋わさびのブレンド品だったり・・・

続・直したばかりなのに・・・ [その他色々・思いつくままに]

1年前に送水管の取替え工事をした後すぐに継ぎ手部分からの水漏れがあり、秋に修繕工事をしていた近所の水道管橋(昨年の一連の記事は「こちら」です~)。
2箇所ある継ぎ手が両方漏れていたのに、昨年は一つだけの修繕だったので不思議に思ってましたが、今月に入ってもう一方の方の修繕が始まりました。



工事の看板を見ると、橋の真ん中が行政区域の境目らしく前回と発注者が異なってました。工事が一度に行なわれなかったのはその関係なのでしょうか。

もう一つ目を惹いたのが、工事の請負金額。
去年の工事の看板の画像を見直して見た所、前回の請負金額が、

4,546,800円

だったのですが、今回は倍以上な

10,789,200円

って、この差は何?

素人見ですが、同じ構造で、修理方法もほぼ同じだし、漏水の度合いも変わらない様に見えるのですが、金額の開きがかなりあるのはどうしてなんだろう?

前回の修繕の時にも思ったのですが、1年前の工事の際の施工業者の保証とかって無いんですかね~?
クルマとか住宅だったら大抵は保証修理扱いになるのですがね~。

もう一つ工事看板を見比べてていて思った疑問が・・・
今回、請負業者も異なっていたのではありますが、請負業者の電話番号を見ると、末尾2桁が違う位でほぼ同じな東京03で始まる電話番号。
何気にネットで企業名で検索して見ると、グループ企業な様子。とすると、この金額の開きにますます疑問が。

構造的に施工できる業者は限られている様子なので、入札では無く随意契約形式を取っているのかな?と思慮しますが、何だかアヤシイ?
桁は全然違いますが、最近豊洲の話とか大阪の話とか色々有る物でして・・・


こんな辺境のブログですが、目に止まった埼玉県の県議さんとか居たら是非突っ込んでもらいたい所であります。

参考までに、前回の工事発注者は、

埼玉県庄和浄水場

で、今回の発注者は、

越谷・松伏水道企業団

との事です~・・・請負業社名は、言いがかりだとか言われそうなのでここでは伏せときますです。

オタマジャクシは越冬するのか?~その3 [その他色々・思いつくままに]

昨年末から観察中だった、シーズン中にカエルになれなかったアマガエルのオタマジャクシ。
正月明けの寒気でかなり数を減らし、残った2匹は屋内に退避させ継続観察していたのではありますが、先週末に様子を見てみると、この2匹もお亡くなりになってしまいました。

カエルの種類によっては、越冬して翌年カエル成体になる物もいるようですが、アマガエルの場合は厳しいのかな?
今回、最後まで残った2匹のうちの1匹は、後足が出ていましたが進化が止まっていて神経が育っていない様子もあったので、「ちゃんとしたカエルになるのかな?」と言った危惧も感じていました。

変な陽気の関係なのか、秋生まれのオタマジャクシが多かった昨年でしたが、今年はどうなんだろう?
今年は見かけても自然の摂理に任せようと思っています。


参考までに過去記事リンクを貼っておきます。「その1」はこちらで、「その2」はこちらです。

2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ